男性不妊は不妊原因の約半数を占める問題です。

   

近年、男性不妊は増加している傾向にあると言われていますが、実は男性不妊の割合が増加しているわけでなく、もともと女性側の問題だと捉えられていた不妊の原因が、実は男性にもあるのではないかと考えられ、水面下に潜んでいた男性不妊問題が単に表面化してきただけという指摘もされています。

産婦人科においては卵子をはじめとする女性側の生殖、妊娠に関する研究が長年にわたって行われてきましたし、卵巣の研究や排卵のメカニズムなどもかなりの部分が解明されています。その結果、女性不妊の治療成績は昔に比べて飛躍的に向上したと言われています。

それに対し、男性の精子の研究者は極めて少ないのが現状で、卵子学の研究に比べて精子学の研究は出遅れているのです。

ですから、今までは精子の質を無視した状態で女性側だけが不妊の原因を背負い込むことになっていたのです。日本人の妊娠や出産率に実は男性不妊は大きく影響していたにも関わらずです。

いずれにせよ男性不妊が不妊の大きな原因になっていることは確かで、現在不妊で悩むカップルの中で、実に全体の40%以上が男性に原因があると言われています。

男性不妊の原因としては、精液の中に精子がほとんど含まれない無精子症、精子はあるがその数が少ない乏精子症、そして精子の数に関しては十分でも精子に元気がなく、運動率の悪い精子無力症などが挙げられます。

無精子症に関してはこちらのページで詳細に説明していますので参照してください。

乏精子症や精子無力症の原因は環境やストレスの問題を指摘されるケースが多いのですが、ストレスを取り除こうとしてカップル間で努力をするものの、その不妊治療の過程自体がまた男性側のストレスにつながってしまい、結局不安やイライラを生んでしまい、結局乏精子症や精子無力症が改善できないというケースも目立ちます。

乏精子症や精子無力症は無精子症とは違い、現状では精子がしっかりと存在していて、運動率もゼロではない事から、妊娠の可能性はあると考えて夫婦で協力し合っていく事が重要です。

男性にも女性にも言えることなのですが、不妊治療で一番よくないのはストレスを抱えてしまう事でしょう。

「何が何でも妊娠しないといけない!」「今度こそは授精に成功させないといけない!」という考えでいると、いつしかそれが大きな精神的ストレスになってしまい、本来妊娠できるはずのカップルでさえ、知らない間に妊娠率を下げてしまっているという事もあるのです。

精子の老化も妊娠率を下げる大きな原因

最近の不妊治療の現場では、少しずつではありますが男性側の精子に関しても重要視されるようになりました。

成人男性の精巣では生涯を通じて精子が作られるのですが、加齢と共にその機能が徐々に低下していきます。

精巣の大きさも徐々に小さくなっていき、男性ホルモンを作り出す機能も徐々に低下していくわけですが、それでも両方の精巣がなくならない限りは完全に精子がなくなってしまうという事はありません。これが女性の閉経と大きく異なる点でしょう。

そして、精液に含まれる精子の濃度(精子数)や、活発に運動している精子の割合(運動率)は個人差が大きく、また同じ男性であっても環境や受けているストレス度合いによって射精の度に変わってくるのが一般的です。

不妊治療の現場で体外受精を行う際には、理論上は運動している精子が1匹でも確保できれば授精には差し支えないと考えられてはいるものの、ヒト精子研究の専門家である黒田医師は妊娠率を考えた際の実際問題として下記のように指摘しています。

安全な生殖補助医療を実現させるためには、精子数や運動率も大事ですが、それ以上に精子の質、具体的に言えば、DNA損傷を含む精子機能が正常なのか、異常なのかを見極めることの方がもっと重要です。なぜなら現在、良好な精子の指標になっている頭部形態が楕円で運動能を有する(動いている)精子でも、精子機能が低下しているものもあり、そういった機能異常な運動精子を用いて生殖補助医療を行っても、妊娠率が低かったり、妊娠出産できたとしても、生まれてくる子供への影響がある可能性を否定できないからです。

つまり、しっかりと精液が出せれば良いというものではなく、そこに含まれる精子の質が問題という事なのです。

精子の質を下げてしまっている原因は、加齢以外にも様々です。

もちろん加齢による質の低下が大きな原因にはなりますが、それ以外にも睡眠不足や普段の食生活の乱れなどからくるライフスタイルの乱れ、職場や家族との人間関係などによる精神的ストレスなど要因は様々です。

妊娠出産を成功させる上で、これらのマイナス要因を抱えてしまってる男性がさらに長期間の妊活を行っていく事になれば、ますますプレッシャーを感じて精子の質を下げてしまわないとも限りませんから、男性の妊活として昨今では精子の質を自然体で高めようとする夫婦も多くなっています。

そこで活用されているのが下記のような男性妊活用の青汁です。


男性側にも不妊原因になる要素があることが明らかになってきた今、「不妊治療がうまくいかないのは女性側の問題であって男性は関係ない」という時代ではなくなっています。

全ての責任を女性に押し付けず、夫婦一緒になって問題を乗り越えていこうとする姿勢こそが不妊問題解消の切り口ですね。

 - 男性不妊