葉酸をサプリではなく明日葉青汁で摂取する妊婦さんも!

   

私は結婚する前から出来るだけ早く子供が欲しいと思っていました。3年間結婚を前提にお付き合いをしていた相手がいたのですが、入籍するまでも健康に気を使って、生活リズムを整えて過ごしていました。

入籍してからは、お互いにストレスを溜めないようにマイペースで妊活をしていたのですが、運が良く結婚して3か月で妊娠が発覚しました。

元々生理が規則的に来る体質で、アプリの“ルナルナ”で管理していたので、直ぐに妊娠したと感じて検査薬を購入しました。結果はやはり陽性でした。

丁度夏季休暇の初日だったので、旦那と一緒に産婦人科に向かったところ、妊娠していることを告げられてとても嬉しかったのを覚えています。旦那は嬉しいというより驚きと緊張が混在している感じでした。

妊活中には、ルナルナの他にも“妊活たまごクラブ”や“ママリ”を利用していました。既に妊娠している一般の方の意見を見る事が出来たり、必要な栄養素や準備しなくてはならないこと、お金にまつわる悩みなども載っていたので、サイトや雑誌を見ることが安心感に繋がったと思います。

また、アメーバブログで出産・妊活・妊娠された芸能人の方のブログを読んで、生活の参考にしていました。

 

妊娠発覚から妊娠初期までの過ごし方

妊娠してから、赤ちゃんの胎動を感じられるまでは極力安静に過ごしていました。

とはいえ仕事をしていて立ち仕事メインだったので、休み休み作業をするようにし、通勤の電車でも無理をせずに飴やガムを常に持ち歩いて移動していました。私は従業員数が少ない医療機関で働いていたので、安定期に入る前には上司に伝えて引き継ぎの計画を立てていました。

食事は今まで塩分が多いラーメンなどが大好きだったのですが、妊娠高血圧症妊娠糖尿病にならないように控えました。

葉酸を摂取するために、納豆を毎朝食べるように心掛けていました。葉酸が足りないと赤ちゃんの障害にも繋がると聞いていたため、欠かさず食べていましたが、どうしても時間が無い時は葉酸が含まれている青汁を摂取していました。

様々な青汁を調べたのですが、この『やわたのおいしい青汁』が一番葉酸がたくさん含まれていたので(そうは言っても葉酸サプリなんかに比べるとかなり少ないですけど)これにしました。

葉酸のサプリメントは摂取していませんでしたが、青汁で代用していたので問題なく妊娠初期を過ごせたと思います。私はやわたの青汁の味が好きだったので、サプリメントよりも味のあるもので葉酸を摂取したいと思い、錠剤タイプのものは利用しませんでした。

 

妊娠中期以降の日々の過ごし方

生活面では、お腹に負担をかけないように寝る体勢を気を付けました。抱き枕を利用して、寝つきを良くしていました。

また自転車は振動が妊婦の身体には良くないし、万が一転倒してお腹を強打してしまったら流産につながる危険性もあるため、妊娠が分かってからは1度も自転車に乗らないようにしました。

重いものを持つことも控え、買い物はまとめ買いから小分けに分けて買うようにしました。また、旦那が休みの日を利用して一緒に買い物に行ったり、ネット通販を利用して日用品やベビー用品を購入するなど工夫して生活しました。

妊娠して中期までは、酷い食べづわりでした。とにかく口に何か入っていないとモヤモヤして気持ち悪くなるので、コンニャクゼリーやガム、グミを常備して、水を沢山飲むようにしました。

また、眠気が止まらない時があり、休日だったらずっと横になっていましたが仕事中は無理なので悩みました。特に、今まで毎朝常飲していた珈琲をカフェインを控えるために辞めたので、余計に眠気を感じて辛かったです。

職場の方々も理解してくださっていたので、本当に我慢が出来ない時はハッカ系の飴を舐めて対応していました。

他にも、頻尿になって夜中に何度も起きることがきつかったです。いくら寝る前に用を足しても、必ず深夜に起きてしまうので睡眠不足になりました。寝る前に水分を極力控えて、少ない睡眠時間でも満足できるようにアロマオイルを用いるなど工夫してストレスを減らしていました。

妊活・妊娠は、いかにストレスを溜めないかに尽きると思います。

今はインターネットが普及しているので、あらゆる情報を見過ぎて逆にストレスになってしまった時期もありました。情報は必要な分だけ得るようにして、自分の身体を第一に考えて生活することが大切だと思います。

 - 妊娠体験談 , ,